読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひと足出遅れる艦これ記

石橋を叩いても渡れない艦これ攻略日記です。

【2015秋イベント】振り返って

先日のアップデートで、ようやく「艦これ」にも冬らしさが訪れましたね。

12月になっても艦娘たちが「秋」と言っているのを見ると違和感がすごかったですが、これでようやくすっきりしました(笑)。

で、早速模様替えしてみましたが、かなり見た目に寒い感じになってしまいました(震)。

f:id:katatsuwasa:20151209230311j:plain

暖炉やストーブのような、暖をとれる家具を家具職人に作ってもらった方がよさそうです(笑)。

 

さて、今回は2015秋イベントの振り返りを行います。

皆さんにとって、どのようなイベントでしたでしょうか?

掘りも攻略もバッチリ、なんとかクリアはできた(※私です(笑))、目標にしていた海域までクリアできた、頑張ったけどクリアできなかった、掘りは全力で攻略は諦めた、イベント?知らない(略)等々いろいろな提督がいらっしゃるでしょう。

イベントは四半期ごとに訪れる・・・はずなので、次回のイベントでよりよい戦果が挙げられるように、普段からコツコツ艦隊育成したいところです。

・・・ちょっと気が早すぎますね(笑)。

 

目標と達成度

ここからは私自身のイベントの振り返りとなります。

今回のイベントの目標はというと、「全海域クリア」でした。

難易度は不問、掘りは余裕があればやるくらいで、最初からやるつもりはそこまでありませんでした。

で、結果です。

  • E-1:甲作戦クリア
  • E-2:甲作戦クリア
  • E-3:甲作戦クリア

f:id:katatsuwasa:20151209211654j:plain

  • E-4:甲作戦クリア

f:id:katatsuwasa:20151209211653j:plain

  • E-5:乙作戦クリア

f:id:katatsuwasa:20151209211652j:plain

このような結果でした。

最後の方は、E-5攻略も諦めかけましたが、乙作戦でなんとか完走をすることができました。

イベント終了前の日曜日までやっていたので、クリアできるかどうかがヒヤヒヤしましたね(汗)。

甲作戦でやっていたら、日曜日で終わらず月曜日の夜中までかかっていた、最悪クリアできなかった可能性もあるので、作戦を変えて精神的にも生活のリズム的にもよかったと思います(笑)。

毎イベント余裕がないので、もうちょっと余裕をもってプレイすることを心がけたいところですが、なかなかそういうわけにもいかないもので、そこは自分のスケジュール調整能力がまだイマイチということでしょうね(汗)。

やる気の問題、ということもありますけど(大汗)。

大体クリアすると、掘りのためにまたイベント海域に突っ込む気がなくなるのも原因の一つですね(笑)。

 

入手できた艦娘

秋イベントで入手した新艦娘はこちら。

f:id:katatsuwasa:20151127211846j:plain

f:id:katatsuwasa:20151206181212j:plain

今回はドロップで新艦娘が全然入手できませんでした(泣)

夏イベントでは、「瑞穂」と「風雲」が攻略中に出る幸運に恵まれましたが、さすがに毎回出るわけではないようです(笑)。

ただ、道中で「大井」が5隻出たり、「まるゆ」「三隈」「鬼怒」「阿武隈」「秋雲」「谷風」「野分」等、いずれも所持艦でしたがレア艦も結構出たのも事実です。

イベントではやはりこのドロップの良さが魅力ですね。

ただ、どうせならもうちょっと新艦娘と現状イベント限定の艦娘のドロップ率を上げてほしい所ですけど・・・ダメですかね(笑)。

難易度でドロップしやすかったりするということは運営も言っていた気がしますが、結局難易度でも大きなドロップ率の差があるわけでもなさそうなので、その差をもっと広げるとかはしてほしいですね。

 

イベントの感想

2015秋イベント全体を通してプレイした感想を、ボスの画像とともに綴っていきます。

全体的にやや楯突いた感じになってしまっていますが、流し読みしてください(大汗)。

 

f:id:katatsuwasa:20151127211844j:plain

まず、E-2・E-3・E-5の輸送作戦ですが、これらは輸送量のゲージシステムや水雷戦隊主体の編成による攻略ということで、なかなか新鮮味がありました

新連合艦隊の「輸送護衛部隊」も、いかにも史実の再現のようでなかなか面白い試みだったと思います。

こちらの防御力が低いおかげで大破撤退が多くなる・バケツの減少量が早いのはややストレスだったかもしれませんけど(汗)。

ただ、ドラム缶を積まないと攻略が捗らないのですが、ドラム缶を大量に積まないと攻略がものすごく手間になり、かえってドラム缶をのせるあまり他の装備の幅が生まれにくいのは何とも言えない所でした。

純粋に練度の高さがいかに重要かを示されたイベントだったように思います。

近代化改修しておけばよかろうという考えから、我が艦隊の練度向上もさらに行う必要を迫られた形です(笑)。

 

あとは、史実に基づいた編成によるルート固定

E-2とE-5が顕著でしたね。

f:id:katatsuwasa:20151123012101j:plain

E-2は史実艦がいれば簡単な海域、いなければかなり厳しい道をかいくぐる必要のある海域になるという、両極端な海域でした。

E-5も、史実艦なしだとかなりルートが大荒れになって、夜戦を3回切り抜ける必要があるという5-3を彷彿とさせる魔の海域となっていたようです(大汗)。

今までここまで史実艦を前面に押し出しての攻略する海域は少なかったので、これもまたイベントらしくよく考えられた海域でした。

とはいえ、さすがにすべてそろえている提督がたくさんいるとは思えないので、もうちょっと要件を緩くしてもよかったのでは、と思います。

特にE-5で必要だったイベント限定艦である「江風」は、前回のイベントを攻略していない場合かなり分が悪い状態で始めないといけなかったので、これについてはもうちょっと配慮してもいいとも思いましたね。

とはいえ、育ててない・入手の努力を怠った方が悪いと言われればそれまで(汗)

私もその一人ですが、能力至上主義で来ていた私からすれば、またしても大きな課題を突き付けられた感じです(笑)。

保有枠もあるので、どうすればいいか悩みますね(汗)。

駆逐艦改二が全艦実装されたら、たぶん全部育ててますが、そうはいかないですし(笑)。

 

あとは、前回システムとしてはおおむね歓迎されていたように見えるギミック。

絵が変わる・セリフが変わる、等、前回のあまりにも分かりにくかった点は解消されていたのでよかったですね。

E-4の潜水棲姫がこんな感じでしたね。

ギミック攻略前がこちら。

f:id:katatsuwasa:20151209233148j:plain

ギミック解除後がこちら。

セリフと絵が両方変わっています

f:id:katatsuwasa:20151209233154j:plain

これくらい変わってくれると、とてもわかりやすくていい感じです。

E-4は機動部隊の場合、1回ギミック関連マスで旗艦を撃破すれば解除されるという、割と簡単な感じの所も個人的にはよかったです。

E-5も初戦で戦える「PT子鬼群」を多数撃破すればいいという簡単さもよかったです。

ギミック解除に時間かけるのは面倒ですからね(笑)。

とはいえ、やはり唯一気に入らなかったのは、時間制限

平日にギミックを解除して、休日にボスを撃破、このようなコツコツやるようなプレイを個人的にはしたかったのですが(汗)、これがあるとリセットされています。

そのため、平日はほとんどイベント海域には手を出す気が起きず、休日は長時間張り付いてクリアしないといけないので、掘りまでするモチベーションが続きませんでした。

難易度選択のシステムがあるので、甲作戦は今まで通りでいいとしても、乙・丙作戦なら1週間は効果継続にする等、難易度によって何らかの措置を講じてほしいです。

期間限定で時間も限られている中、このようなギミックを搭載されると、イベント攻略のハードルがかなり上がってしまっていると思います。

まあ、面倒くさがりな私が難癖付けているようにしか見えないのも事実ですが(笑)。

 

最後に、新深海棲艦「PT子鬼群」。

E-5では道中・ボスともに出現、ギミック解除の条件にもなっていました。

f:id:katatsuwasa:20151210233137j:plain

こちらに関してはおおむね私はよかったと思います。

弾着観測射撃実装以降、副砲の価値が激減していたので、こういう形で装備の優位性を持たせることはありだと思います。

f:id:katatsuwasa:20151210233351j:plain

ただ、夜戦のカットイン確率が高すぎること、回避が異様に高いことはちょっと面倒でしたけどね(汗)。

そろそろ「15.5cm三連装副砲」も改修可能にしてもいいような気がするのですが、いつまでも改修できそうにないですね(汗)。

開発で入手できる副砲としては最高のものなので、これの改修も早い所できるようにしてほしい所です。

まあ、そうはいっても結局「OTO 152mm三連装速射砲」を強化するんですけどね(笑)。

 

今後の育成方針

ということで、振り返ると不満も多い気がしますが(大汗)、私がサボっていたところにピンポイントで問題が降りかかってきたものも多いので、ある意味自業自得なところもあります(笑)。

そこで、より対応力を高めるにはどうすればよいか。

装備改修も当然しないといけません。

「PT子鬼群」対策も重要になるでしょうから、副砲や小口径主砲はもっと改修を行った方がいいでしょうね。

艦隊の練度も上げる必要があるでしょう。

駆逐艦を使う機会がどんどん増えているので、素の能力である「回避」「索敵」や恐らくマスクデータにある「命中」を上げる必要があります。

これらはレベル依存なので、上げないことにはどうしようもないですからね(汗)。

それ以上に思ったことは、育成する艦娘をさらに拡大することです(笑)。

要は、艦隊にいる艦を増やすということですね(笑)。

今いる艦娘だけでなく、さらに何隻か前もって育てておいて、特定間を必要とする海域が出た場合にすぐ対応できるようにしておけば、イベントももっと余裕を持って攻略できると考えます。

ただ、駆逐艦は数が多すぎてどれを育てようか迷うので、とりあえず駆逐艦は置いておいて(汗)、駆逐艦以外の艦娘は全て育成対象にしようと思っています。

・・・というものの、今いないのは、建造できる艦娘なら「多摩」だけなんですけどね(汗)。

手に入り次第、育成しようと思います。

 

 

長くなりました。

今回は駄文になってしまった点が多いですが、振り返って見えた課題や問題点を改善して、次回のイベントに備えるのも大事ですね。

とはいえ、準備が間に合うかどうかは微妙・・・いや、恐らく間に合わないですね(笑)。

やれるところからやっていきます(汗)。

 

それでは今回はこの辺で。

次回は改二関連記事か岩本隊・岩井隊関連記事を上げるつもりです。

どちらもイベント攻略前に更新の予定でしたが、ずれ込んで今頃の更新です(汗)。