読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひと足出遅れる艦これ記

石橋を叩いても渡れない艦これ攻略日記です。

【Extra Operation】2-5攻略~南3戦ルート(重巡・航巡編成)~〔2016.4〕

Extra Operation (2-5)

新航空戦システムが、次回イベントから投入されるようです。

やはり支援艦隊のような感じになるのでしょうか?

とはいえ、装備として陸攻が実装されるとなれば、違った形での実装となるのかもしれません。

とりあえず今は関係ないので、大規模イベントに向けた備蓄と練度向上が重要ですね(汗)。

 

さて、今回は2-5の攻略を行いました。

今までは基本的に北ルートでの攻略がメインでやっていたのですが、最近は南3戦ルートがトレンドらしい(汗)ということで、試してみました。

ただ、南3戦ルートにも何通りか編成例があるようなので、今回は重巡・航巡主体の編成で挑みました。

ということで、早速編成例です。

f:id:katatsuwasa:20160417002022j:plain

航巡×2・重巡×1・軽空母×1・駆逐×2の編成です。

南3戦ルートはルート固定の編成方法がいろいろあってややこしいですが、とりあえず駆逐2隻と軽空母1隻入れることが重要です。

残りの3隻をどうするかですが、今回は航巡2隻・重巡1隻にしています。

重巡か航巡かを、どちらか一方だけで2隻ちょうどにすればいいとか。

余った1隻は、重巡・航巡のどちらか使っていない方を選択するか、雷巡がいいようです。

・・・と字面で説明しても難しいので、Wikiや他の攻略サイト様を参照された方がいいかと思います(大汗)。

 

装備ですが、重巡・航巡は基本的には弾着観測射撃(連撃)+夜戦連撃装備。

運が高い艦は夜戦カットインにしています。

駆逐艦は夜戦連撃装備にしています。

また、軽空母や航巡に関しては、道中航空戦は1度しかなく、かなり制空権も余裕があるので、爆戦や水上爆撃機で制空権を確保しつつ、強力な艦攻を装備させています。

零戦62型(爆戦/岩井隊)」があると、制空権のために艦戦や水上爆撃機を置く必要がなくなるのがいいですね。

もちろん、「零式艦戦62型(爆戦)」と「瑞雲」や熟練度MAXの艦攻・艦爆等でも、航空優勢をとることは十分可能です。

わざわざ艦戦を置く必要がなく、空母の火力増加にもつながるということで、個人的にはこれがお気に入りです(笑)。

爆戦はなぜか何かと使いたくなるので、他の海域でもよく採用しています(笑)。

索敵値に関しては、提督Lv.106でこれで余裕があるくらいです。

足りないという場合は、電探を水上機にしたり、艦偵を採用しましょう。

 

では、攻略の様子と結果です。

1回目
  • S(大破撤退→霞改二)
  • S-S-S(削り、ボス→金剛)

f:id:katatsuwasa:20160417002026j:plain

初っ端から「霞改二」が敵軽巡の攻撃であっさり大破しましたが(汗)、気を取り直して出撃してS勝利。

重巡や航巡なら、昼戦でも陣形次第では戦艦をなんとか倒せる火力があるのが心強いですね。

雷巡は開幕雷撃と雷撃戦で圧倒できますが、こちらにはこちらの良さもあります。

 

2回目・3回目
  • A-A-S(削り、ボス→阿武隈)
  • S-A-S(削り、ボス→弥生)

f:id:katatsuwasa:20160417002025j:plain

2回目の画像を見事に作り忘れました(笑)。

とはいえ、特に問題なく攻略できました。

ただ、昼戦で重巡・航巡が2隻大破すると、かなり不安になりますね(汗)。

 

クリア時
  • S-S-S(クリア、ボス→榛名)

f:id:katatsuwasa:20160417002024j:plain

昼戦で終了。

道中「三隈改」が中破しましたが、中破しながら重巡を撃破するなど、案外活躍してくれたのも昼戦で終わった要因ですね。

火力がある重巡・航巡はなかなか頼もしいです。

 

以上で今月の2-5も攻略完了です。

f:id:katatsuwasa:20160417002023j:plain

南3戦ルートはあまり試したことはなかったですが、結構安定して攻略できる印象が今回の攻略でできましたね。

来月はイベントなので、Extra Operationの記事は更新しない予定ですが、引き続き試しにこちらの編成を試してみようと思います。

一部編成は変えてみますけど(笑)。

 

それでは、今回はこの辺で。

3-5も攻略したいところなのですが、6-3も宣言した限りやらないといけないので(汗)、先に6-3を攻略しようと思います。

ということで、次回はたぶん6-3攻略記事を作ろうと思います。